スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせんべい

おせんべいをいただきました。
080622_1906~01


箱がほおずきの絵が描かれていて可愛いです。
080622_1907~01


越乃豆もち シンプルで美味しいです。
080622_1909~01


きなこ雪餅 きなこは大好きなので、甘いおせんべいは何枚でも食べられそう。
080622_1909~02


黒胡麻せんべい 胡麻はねぇ、香ばしくってたまらないです。
080622_1909~03


黄金揚げ 基本的に歌舞伎揚げが好物なので、好みの味でした。
080622_1909~05


マカダミアおかき 異国の風味漂うおせんべいでした。
080622_1909~04


結局、どれも美味しかったってことかな。


おまけに、ほおずきがついていました。
080622_1907~02


もうひとつおまけ。紙風船もついていました。
080622_1908~01


おもちゃ箱のような、たのしい頂き物でした。


ちなみに、私は『ほおずき』を鳴らすことができません。

小さい頃から、父に何度も教えられたのに、結局出来ずじまい…

あれ、難しいですよね~
スポンサーサイト

コメント

懐かしい

紙風船とは懐かしい~!世を忍ぶ幼稚園児のころ、よく薬売りの行商さんが持ってきてくれてたんですよ。昔はよく遊んだものですが、今こういうアイテムってどこにあるんだろう?
ほおずきも最近はとんと見なくなりましたねぇ。ちなみに僕もほおずきを鳴らすことが出来ません。幼少の頃、母が栽培しててよく鳴らしているのを見たんですが、その技はとうとう習得できず今に至っております。

マカダミヤおかき♪
ナッツ類が好きです。こんなのがテーブルに上がっていた暁には、多分それだけ全部食べて家族のヒンシュクを買うこと間違いなし!

せんべの顔

あのぉ~
実際のお煎餅を見たいのですが・・・・・・・

紙を とりのぞいてくだしゃぁ~い

おいしい!!に決まってる (^^ゞ

 ば~むく~へんさん、こんちわぁ(^O^)/
おせんべい、大好き!!
特に、こういう風に、大切に1ケ1ケ包まれたおせんべいは
おしすぃ~~!!
たくさん種類があると、わくわくしちゃいますね ( ´艸`)。

 そして、ほおずきに紙風船だなんて、
なんとも粋なおまけですね。

 いいなぁ。
こちらは、スーパーのおせんべいで我慢しますか… (・_・;)

おきたさん

『世を忍ぶ幼稚園児のころ、よく薬売りの行商さんが持ってきてくれてたんですよ』
薬売りの行商さん、なつかしい~
そういう方がいましたよね。

『今こういうアイテムってどこにあるんだろう?』
たまにイトーヨーカドーで「昔のオモチャ屋」みたいなのが、出店される時があります。
あと、上野駅にもお店があったような…
思わず、買っちゃうんですよね。
竹とんぼとか、はっか糖とか。

『ちなみに僕もほおずきを鳴らすことが出来ません。幼少の頃、母が栽培しててよく鳴らしているのを見たんですが、その技はとうとう習得できず今に至っております』
やはり、難しいですよね~
口の中で、ブニュブニュって感じで鳴らすんですよね。

『ナッツ類が好きです。こんなのがテーブルに上がっていた暁には、多分それだけ全部食べて家族のヒンシュクを買うこと間違いなし!』
ふふふ。
それを、やってしまったのは私です。

くぅーさん

あっ、ごめんなさい。
ちょっと前の写真だったもので…
完食してしまいました…

そうですよね。
袋の中身の写真を撮らなきゃね。

まだまだ未熟者です…

つぼっちさん

『おせんべい、大好き!!』
そうですかぁ~
つぼっちさんも、おせんべい好きなんですね!!

『大切に1ケ1ケ包まれたおせんべいは おしすぃ~~!!』
そうなんですよ~
こういうおせんべいは、何枚食べても、胃を悪くしないんですよね~(笑)

『ほおずきに紙風船だなんて、なんとも粋なおまけですね』
これ、可愛いですよね。
グリコのおまけじゃないけれど、
やっぱり「おまけ」が入っていると嬉しいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ば~むく~へん

Author:ば~むく~へん
新しく「美味しいお店」のブログを始めました。
よかったら、覗いてみてくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美味しいお店を求める旅

最近の記事
コメントありがとうございます!
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。