FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近な自然が…

一時は『自然を大切に!』『自然と共に!』なんて雰囲気が広まった時期もありましたが…
気がついてみれば…

たくさん作った巣箱も壊れたまま…
080522_0804~01


子ども達が、7月になるとクワガタを探しにいった秘密の木も…
080527_1810~01

柵に囲まれて入れません…
080527_1810~02


毎年、市からの予算で、花植え行事や、クリーン作戦とかあるんです。
地域の学校が合同で、環境をよくしようという活動もあります。

でも、どれも一年に1回限りなんですよね。
継続性がないというか、行事をこなしているだけというか…
花植え行事から数ヶ月、誰も水をやならいので花は枯れます。
クリーン作戦も、その時は綺麗になりますが、学校帰りに買い食いをして、またゴミを捨てる子どもの姿もあります。

これでは子どもは、何も学びません。
満足しているのは、行事を企画している人達だけです。

あの巣箱には、もう鳥は住みません。
伐採した林にも、もうクワガタはきません。

私は声を上げて、環境破壊に異議を唱えるつもりはありません。
ただ、寂しいです。

ヒナのために、親鳥がせっせとエサを運びに来る姿を見上げたり、
早朝の林の中で、クワガタばかり集まる木を発見して『何の木だろう?』と思ったり、

そんな当たり前の自然の姿から、子どもは学ぶものがあるのでは…と思うだけです。

なんだか、真面目っぽい話になってしまいました…
でも、ちょっとね。言ってみたかったんです。
スポンサーサイト

コメント

最近 あたしは どういう価値観で子を育てていいやら わからないわ
もう育て終わったことに ほっとしている毎日だけど
孫が どう育つやら~と思うと 不安一杯だわ
「自然」という意識はあまりないんだけど あたしの場合 勝手が強くて ベネチァが 5年後水没することを 悲しんでいるわ
南極の氷が とけてしまい 沈んじゃったらどうしようとか~
このPCルームから 見える西の青い山が 当たり前に毎日存在することさえありがたいことだと思うような 年になったわ
すべてのものが そこに 毎日あることを ありがたいと 心で思うことは もう年だわ 苦労も 幸せも 組み合わされた自分の人生の絵の一部だわ
自然に 自然に生きて 時に身を任せる日々だわ
何を言わんとするのか  自分でもわかんなくなったわぁ~~

昔は、空地や原っぱや、林があふれていて、
バッタをとったり、木登りしたり。。。。
親の知らない「 基地 」 を作って、そこで人間関係を築いていった気がします。子供が、大人の介入なしの中で、子供社会を作れなくなってしまった。
そんな環境になってしまったことが、とても寂しいです。

自然から、色んな事を学ぶ。
そうすれば、「生きる知恵」がつくような気がします。

えらそうなことを言ってしまいました。
真面目な話も、いいですね。私は好きです。(以外にも?)

くー婆ぁちゃんさん

『すべてのものが そこに 毎日あることを ありがたいと 心で思う』
私もそう思いますよ~
何かを欲する『欲』も大事だけれど、
今あるもの、毎日あること、変わらない日常
そのすべてが『ありがたい』と思います。
人は、そういうものを忘れがちになりますけどね…

ベネチア、南極…
遠い国の出来事のように感じてしまいますが、
長い目で見て、我が子だけでなく、未来の子どもたちのために
きれいな地球を残していかなければ…
そう思います。

みぉさん

親の知らない「基地」…
ありましたね~
草むらの中、林の中、いろんな場所に点在してました。

『子供が、大人の介入なしの中で、子供社会を作れなくなってしまった』
そうですね。
少子化で大人が関与しすぎるケース
遊び場が現象して、見通しのいい環境になったケース
子どもが犯罪の被害者になる事が増えて、目の届く場所におかなければならないケース
いろんな状況が、重なり合っていますね。

いずれにしても、みぉさんの言うとおり
『生きる知恵』を子どもの時に身につけておかなければ、
大人になってからでは、なかなか難しいものです。

真の意味で、わが国のごみ分別方法論に首を傾げたくなるこの僕が、環境問題に口を出すのはちょっとおかしいのかもしれないんですけど、今の自治体の考えることって結局中央からのお達しを遂行することと、その結果から生まれる資金調達でしかないから、その後のフォローとかは恐らく計算外なんでしょう。

古い考えかもしれないですが、人々を啓蒙することも行政の役割だった筈。
だけど、最近はそれさえも忘れてしまって、只々既成事実をとり急いでいる感があります。

- 美味しい実を収穫したかったらまずは健康な木を。健康な木を育てたかったら新鮮な水と養分の含んだ土が必要 -

元来、消去法な発想でしか動けない人達に、こういう足し算的な考えを持てというのもそもそも酷な話なのかなぁ。手を尽くすことは悪いことではないけれど、何でもやりっ放しってチョット違うような気もしますよね。

おきたそうじさん

『中央からのお達しを遂行することと、その結果から生まれる資金調達でしかない』
その通りです。
それで、これに異議を唱えると『黙って言われたことをやっていればいいんだ』と言われてしまうんですよね…

『人々を啓蒙することも行政の役割』
そうですよね。
なのに縦割り行政で、自分達が横の繋がりを絶っているから、人々に伝えるべきものが、何も見えていないように思います。

『消去法な発想でしか動けない人達』
消去法…そうですね。
これは、いけない流れだな~

「意見をどんどん言ってください」と言っても
聞く耳を持っていなければ、何も変わらない。

今年もまた、去年のからっぽのプランターを捨て、
花を植えます…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ば~むく~へん

Author:ば~むく~へん
新しく「美味しいお店」のブログを始めました。
よかったら、覗いてみてくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美味しいお店を求める旅

最近の記事
コメントありがとうございます!
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。