FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛読書

長女(高1)は私同様『活字中毒症』です。
とにかく毎月の本代がバカにならない。
もう、毎回お金を渡すのも面倒なので、5000円分の図書カードを2枚購入して、渡しました。
いったいいつまでもつやら…

子ども部屋の棚には、ズラーッと本が並んでいます。
定番の『ひぐらしのなく頃に』
080428_0903~02

『隠の王』(なばりのおう)
080428_0903~03

『薔薇のマリア』 通称:薔薇マリ
080428_0904~01

『しにがみのバラッド』
080428_0904~02

『蟲と眼球と…』シリーズ
080428_0904~03

『灼眼のシャナ』『心霊探偵八雲』『月姫』などなど
080428_0905~01


他にも、面白いと聞けば、純文学でも漫画でもミステリーでも手当たり次第です。

『くだらない本ばかり読まないで、もっとためになる本を読め』

そんな事を言う教師がいましたが…
基本的に私はなんでも『あり』です。

『くだらない』って、どの基準でくだらないのレッテルが貼られるのかわかりません。

中学生、高校生って、子どもでもなく、かといって大人にもなりきれず、中途半端な年頃です。
『学生の本業は、勉強だ』
そんなことはわかっているんです。

でも、漠然とした未来のために勉強するよりも、
今、生きるという意味や、
複雑な人間関係による、やり場のない気持ちや、
流されている自分ではない、本当の自分…

そんないろんなことを抱えているような気がします。
大人が安易に『世間に出たらもっと苦労することがある』と思っている以上に。

それを何で解決するのか。

親しい友人であったり、
信頼のできる大人であったり、
部活であったり、
群れることであったり、
携帯での繋がりであったり、

その中に、本があっても当然だと思います。

本によって共感を得たり、
自分のかわりに言いたいことを言ってくれたり、
『そんな考え方もあるんだ』と学んだり、

本で得るものは、今後生きていくうえで絶対無駄にはならないと思っています。

だから、吸収したい気持ちがある時に、なんでも吸収するのがいいかな~と。

私も子ども部屋の本を読んでいます。
時には『訳わかんない』って思うのもあります。
でも、私にはわからなくても、その本を何度も繰り返し読んでいる娘の姿をみると、何か惹かれるものがあるんだろうな~と羨ましく思います。

そのうち、本が家から溢れ出したら、中学生・高校生向きのミニ図書館をオープンできるかも…


スポンサーサイト

コメント

すごくいいことですよね、読書・・・。
それに、ば~むく~へんさんが理解あるし、とても良い環境でお育ちです。

様々なジャンルがありますが、悪書などというのは個人的な好みであって、決めつけるのは如何なものかと思いますです。

刹那の風さん

そうですよね。
好みは、みんながみんな一緒じゃないですものね。
それを人にとやかく言われるのはねえ…

私に理解があるのかどうか…
活字中毒症は、読めればなんでもいいのかも(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ば~むく~へん

Author:ば~むく~へん
新しく「美味しいお店」のブログを始めました。
よかったら、覗いてみてくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美味しいお店を求める旅

最近の記事
コメントありがとうございます!
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。